FA&人的補償

横浜初のFA獲得選手、駒田徳広!高木豊,屋鋪要など6選手大量解雇事件に2000本安打に…

FA初年度横浜ベイスターズにやってきた駒田選手

横浜初のFA獲得選手、駒田徳広!大量解雇事件に、2000本安打に…

【プロ野球オーナーズリーグ】駒田 徳広 横浜ベイスターズ レジェンド 《OWNERS LEAGUE 2011 04》ol08-l-012

横浜ベイスターズ初のFA移籍選手として、読売ジャイアンツからやってきた駒田選手。

当時は巨人のイメージが強かったから、

あっき
あっき
横浜ベイスターズに馴染むのかな…

とも思ったけれども・・・、

1998年、38年ぶりの奇跡の優勝時も5番ファーストとして勝負強い打撃を発揮&81打点をあげるなど優勝に貢献してくれました!

確かキャプテンでもありましたよね。

あっき
あっき
横浜に来てから191cmのデカい身体をすぼめ妙に小さく構える姿に違和感を感じたけれども…💦

今ではすっかり横浜の駒田さんだけれども、FA移籍してきた当初は経緯が経緯なだけに、風当たりも相当強かったんじゃないかな…

スポンサーリンク

 

駒田獲得のため⁉大量解雇事件…

【プロ野球オーナーズリーグ】高木豊 横浜大洋ホエールズ レジェンド 《2010 OWNERS DRAFT 04》ol04-l-009

FA移籍した駒田選手を獲得するためだったのか未だ真相は明かされていないけれども・・・、

駒田選手FA獲得のタイミングで、

横浜大洋時代からチームの中心として活躍してきた6選手を1993年オフに一気に大量解雇…。

当時小学生だった自分だけれどもあの大量解雇事件の時のショックを子どもながらに鮮明に記憶しています。

横浜大洋時代からチームのスター選手だった高木豊選手や屋敷要選手をはじめ、山崎賢一選手、市川和正選手、大門和彦選手、松本豊選手。

長年の球団功労者たちに対して、オフに球団事務所に呼び出すなりいきなり解雇を言い渡すという今でも理解に苦しむ事件でした…。

ほんとありえない!

あっき
あっき
こんな事件があったから、今でも横浜を応援してくれる高木豊さんなどを見ると、本当に嬉しくなります。☺️

いくら横浜大洋から横浜ベイスターズに代えて新しくチームを生まれ変わらせるとはいえこのやり方はないよ・・・。

高木豊さんや屋敷要さんなんて、引退試合もしっかりやってあげてファンにもちゃんと別れる場面を作ってあげるだけの選手でしょう!?

ほんとショックだったし腹立たしかったな…。

このことがあってか当時の監督だった近道昭仁さんは最後まで好きになれませんでした。

もちろん監督だけの責任じゃないでしょうけど…

そう考えると横浜DeNA球団は前球団から大きく変化することなく”継承と改革”という形をとって色々と配慮をしながらも上手くやってくれたなと感謝しています。

あっき
あっき
横浜DeNAはその辺も本当に上手でした!

 

当時巨人で干され気味だった駒田選手

当時ジャイアンツのスター選手で日本人として球団初の1億円プレイヤー。

1990年~93年にかけて連続フルイニング出場を続けていた駒田選手だったけれども・・・、

不調が重なり記録が途絶ると

さらには
首脳陣との意思疎通がうまくいかなくなり中畑打撃コーチとの確執も噂され…

そんな時にFAで同じポジションの落合博満選手をドラゴンズから取ってくるということでFA移籍を確実にした駒田選手。

普通に考えたら放出するはずもない選手なだけにやっぱり色々と確執があったのでしょうね?

そこへ、当時横浜ベイスターズの監督でかつて巨人のヘッドコーチであった近藤昭仁氏の強い希望もあり横浜ベイスターズが獲得に動くことに・・・。

なんともドロドロとした横浜初のFA獲得選手だったなぁー。笑

 

横浜優勝時にはキャプテンとして貢献!

横浜ベイスターズが優勝した1998年には
キャプテンとしてチームを引っ張ってくれました!
(石井琢選手のはからいもあり)

当時20代後半が多いまさにイケイケのチームの中
(石井琢、波留、鈴木尚、佐伯、進藤、谷繁 etc…)
(ピッチャー陣もみんな若かったな)

1998年,横浜ベイスターズ優勝時の雑誌
最強マシンガン打線!1998年横浜ベイスターズ優勝メンバーまとめマシンガン打線!98年横浜ベイスターズ優勝時:最強メンバーまとめ 横浜ベイスターズが優勝した時の、当時最強だったマシンガン打線! ...

この駒田選手や畠山選手
中根選手、阿波野投手、荒井選手などなどベテラン勢の力も必要だったはず。

上手くバランスが取れたチームだったなぁー。

駒田選手は全試合に出場!
主に5番ファーストでマシンガンの中核を担ってくれました。
(併殺打が多かったのがたまにキズでしたけど)

守備でもゴールデングラブ賞を受賞するなど横浜の鉄壁な守りをさらに厚くしてくれました!
(ゴールデングラブ賞ファーストで10回受賞は歴代最多)

マシンガン打線が表に立ちがちだけれども、谷繁、駒田、ローズ、石井琢、進藤と内野陣5人がゴールデングラブ賞総なめにした守備陣も最強でしたよね!

翌年の1999年には打率.291を残すも、横浜マシンガン打線のチーム打率が.294にも達しチーム打率よりも低くなってしまうというおもしろい現象も。💦

あっき
あっき
チーム打率.294はエグ過ぎでしょう!

 

2000本安打目前でボイコット事件

BBM 2001 プロ野球カード 525 [2000本安打] 駒田 徳広

2000本安打到達間近になり極度の打撃不振に陥ってしまった駒田選手。

そんな中
父の日に家族みんなを招待していた試合で代打を告げられてしまい・・・、
(当時監督は権藤さん)

それに激怒した駒田選手はヘルメットを投げつけ試合中にも関わらず帰宅してしまうという事件が…。

このことがきっかけで一時は2000本安打達成を諦め引退まで考えたけれども、

王監督から手紙をもらい考え直し現役を続け、2000本安打を達成した…とのエピソードも。

2000本安打達成できてほんとよかったですよね。

でもこの当時すでに権藤監督とチームメイトとの確執があったのでしょうね。

結局権藤監督はこの年オフにチームを去ることになるのだけれども、

そこから横浜暗黒時代の幕開けとなるわけで…

駒田選手はいい意味でも悪い意味でもたくさんのエピソードを残してくれた選手だったな。

ヘルメットかぶって守備したり、話してもキャラクターも面白かったし、ファンとのヤジの本気の言い合いとかもしていましたよね。

懐かしい選手の一人です。☺️

スポンサーリンク

ABOUT ME
あっき(ベイファン)
あっき(ベイファン)
横浜大洋→ベイ→横浜DeNAベイスターズが大好きな松坂世代!最近はCSに日本シリーズに泣きまくりです( ;∀;) あとは98年以来の優勝が観たい!色々な方と繋がりたいです。よろしくお願いします^^ 自己紹介はこちら
ブログランキング参加中!
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村