横浜DeNAベイスターズ

最強マシンガン打線!1998年横浜ベイスターズ優勝メンバーまとめ

1998年,横浜ベイスターズ優勝時の雑誌

マシンガン打線!98年横浜ベイスターズ優勝時:最強メンバーまとめ

横浜ベイスターズが優勝した時の、当時最強だったマシンガン打線!

シーズンチーム打率.277を記録し
上位打線だろうが下位打線だろうが
一回火が付いたら文字通りマシンガンのように打ちまくった打線でした

あっき
あっき
どんなに負けていようが「逆転してくれるんじゃないか・・・」という期待感・安心感が常にありました!

ちなみに優勝の翌年1999年には
シーズンチーム打率.294を記録!
投手を抜かした野手だけなら、なんと打率.303なり
5番駒田選手が打線の谷のようにも思えたもんなぁ
(ちなみに駒田選手は.291を記録)

そんな優勝した1998年の
最強マシンガン打線メンバーを
振り返ってみたいと思います


1番 ショート:石井琢朗

オーナーズリーグ第12弾/OL12 111(C)石井琢朗VC

135試合 .314 7本 48打点 39盗塁
盗塁王・最多安打・ベストナイン
ゴールデングラブ獲得

マシンガン打線の切り込み隊長!
その象徴的場面だったのが
日本シリーズ第一戦でのいきなりのセーフティーバント
そして2塁へのスチール!
かっこよかったです…

2番 センター:波留敏夫

プロ野球オーナーズリーグ マスターズ2012【波留敏夫/横浜】マスター《OWNERS LEAGUE MASTERS 2012》olm01-082

106試合 .273 2本 39打点 12盗塁

突貫小僧、波留敏夫選手!
石井琢朗選手との1,2番コンビは
権藤監督の放任主義ということもあり
自由にグラウンドを駆け回っていました
何をしてくるかわからない魅力がありましたよね
(cf:ハマの核弾頭:波留選手!石井琢との最強1,2番コンビは…)

3番 レフト:鈴木尚典

カルビー1999 プロ野球チップス スペシャルカード No.SP-13 鈴木尚典

131試合 .337 16本 87打点 3盗塁
首位打者・ベストナイン獲得

横浜が誇るリーディングヒッター鈴木尚典!
(cf:横浜のアベレージヒッター鈴木尚典!首位打者2回、肩が最弱も…)
1,2番のどちらかが出塁すれば
彼かローズが必ずホームへ返してくれる…
そんな信頼がこの打線にはありました

4番 セカンド:ローズ

カルビー2000 プロ野球チップス スペシャルカード No.SP-21 ローズ

124試合 .325 19本 96打点 2盗塁
ベストナイン・ゴールデングラブ賞獲得

横浜史上最強助っ人
ロバート・リチャード・ローズ!
(cf:横浜最強助っ人ロバートローズ!驚異の成績は…)

ライト方向にも打てる
勝負強いバッティング
頼れる驚異の4番打者でした!

5番 ファースト:駒田

1998カルビープロ野球カード【初版/レギュラーカード】015駒田徳広/横浜

136試合 .281 9本 81打点
ベストナイン・ゴールデングラブ賞獲得

若い横浜マシンガン打線において
優勝を知る男、ベテラン駒田選手の存在は
とても大きかったはず!満塁男!
(cf:横浜初のFA獲得選手,駒田徳広!大量解雇事件に、2000本安打に…)

6番 ライト:佐伯貴弘 or 中根仁

固定されていたマシンガン打線において
ライトの守備位置だけ
相手先発ピッチャーによって代えていました

右ピッチャーの時は佐伯選手!

カルビー 野球カード 2008 030 佐伯貴弘 横浜ベイスターズ
108試合 .289 9本 55打点 1盗塁

左ピッチャーの時は中根選手!

未来蜂2000 横浜ベイスターズ Super Starsカード No.Yb-S06 中根仁

70試合 .301 4本 31打点 2盗塁

近鉄からやってきた中根選手
(cf:フルスイングが魅力の中根仁選手!トレード当時は…)
両選手ともレギュラーをバリバリはれる実力
クリーンナップで処理できなかったランナーを
ガッチリ返してくれました

7番 キャッチャー:谷繁元信

ハドソン POWER LEAGUE 夢のスタジアム2000 スーパーレアカード No.S043 谷繁元信

134試合 .254 14本 55打点 1盗塁
ベストナイン・ゴールデングラブ賞受賞

下位打線に入っても
とどまることをしらないマシンガン打線
7番キャッチャーでもこの破壊力!
(cf:谷繁兼任監督27年連続本塁打記録!元横浜戦士,なぜ中日に…?)
谷繁選手と進藤選手の打順はよく入れ替わりで組んでましたね

8番 サード:進藤達哉

オーナーズリーグ 2014マスターズ OLM03 プレミアムマスター PM進藤達哉 横浜ベイスターズ

124試合 .241 14本 54打点
ゴールデングラブ賞受賞

意外性の一発を秘める進藤選手が8番!
強靭なリストを効かせたバッティング
巨人戦でよく打ってくれてました

リーグ優勝を決める一打を放ったのも
下位打線の進藤選手でした
(敵地甲子園球場で見事なライト前!)

スターティングラインナップだけでなく
控えにも
畠山・万永・荒井幸・井上純 etc…
(…マラベ!? 笑))
心強いメンバーが揃っていました

どこからでも点が取れた
一度火が付いたら止まらない横浜マシンガン打線!
ほんと魅力的な打線でした

1998年は横浜の年!?神奈川&横浜イヤーだった出来事まとめ!横浜優勝!
1998年は横浜の年!?神奈川&横浜イヤーだった出来事まとめ!横浜優勝★1998年といえば横浜ベイスターズが38年ぶりにセ・リーグ制覇→日本一に輝きました! まさに横浜の奇跡。 ベイスターズ球団・選手...

打つだけでなく、守りも最強だった

マシンガン打線がクローズアップされがちだけれども
打つだけではなく
優勝できたのはむしろその”鉄壁な守備陣”のおかげという声も
多く聞きます

まず内野陣は
ファースト:駒田
セカンド:ローズ
ショート:石井琢
サード:進藤
皆がゴールデングラブ賞受賞!
どこからでも簡単にゲッツーが取れました

投手陣も
先発陣
野村(13勝),斎藤隆(12勝),三浦(12勝),川村(8勝)
(cf:未だ楽天で現役で活躍!横浜1998年優勝メンバー:斎藤隆投手!)

安定した中継ぎ陣
阿波野,五十嵐,島田,横山
(cf:ヒゲ魔神:五十嵐英樹!島田直也とのコンビで98年優勝に…)

もちろん抑えは
大魔神:佐々木
(cf横浜ベイスターズ大魔神佐々木主浩!1998年当時は漫画にも…)

そしてこの守備陣を束ねるキャッチャーは
のちに球界を代表する存在となる谷繁選手
この年もゴールデングラブ賞を受賞
まさに横浜最強メンバーでした

今年:2015年
1998年以来,17年ぶりの優勝に向けて
躍進中の横浜DeNAベイスターズ!

勇者たちの遺伝子を引き継ぎ
どこまで成し遂げることが出来るのか
楽しみが止まりません


ABOUT ME
あっき(ベイファン)
あっき(ベイファン)
横浜大洋→ベイ→横浜DeNAベイスターズが大好きな松坂世代!最近はCSに日本シリーズに泣きまくりです( ;∀;) あとは98年以来の優勝が観たい!色々な方と繋がりたいです。よろしくお願いします^^ 自己紹介はこちら