FA&人的補償

横浜DeNAベイスターズが補強獲得した歴代FA選手たち!以外にも…

先発久保康友投手見事勝利!7回2・3を無失点自責点1

横浜DeNAベイスターズはこれまでFA補強は積極的に行ってきたチームの1つでもあります!

1993年に始まったFA制度
横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズがFAで獲得してきた選手は
全部で9名

これはなんと12球団の中で4番目に多い数字です
実はなかなかFA獲得には積極的な横浜ベイスターズです。
(謎な獲得も多数あったけれど・・・)

1位は読売ジャイアンツの26人
2位は福岡ソフトバンクの13人
3位は阪神タイガースの12人

あっき
あっき
この3チームに続く数字にちょっと意外な感じもしませんか!?
(なのに長らく低迷期を抱えていたという…。)

今までのベイスターズのFA歴史はいったいどんな感じなのでしょう?
今回はそのFAで獲得した選手をまとめてみました。




 

横浜ベイスターズ(DeNA)にやってきた選手たち一覧

FA初年度横浜ベイスターズにやってきた駒田選手

ではこれまで横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズにやってきた選手たちは、どんなラインナップになっているのでしょう。

1993年 駒田徳広(巨人:金銭)
2002年 若田部健一(福岡ダイエー:金銭)
2008年 野口寿浩(阪神:Cランク保障なし)
2009年 橋本将(千葉ロッテ:Cランク保障なし)
2010年 森本稀哲(北海道日本ハム:金銭)
2011年 小池正晃(中日:Cランク保障なし)
2011年 鶴岡一成(巨人:Cランク保障なし)
2013年 久保康友(阪神:人的補償 鶴岡選手)
2017年 大和選手(阪神:人的補償 尾仲投手)

こうしてみると、人的補償等で選手を取られたのは鶴岡選手・尾仲投手ぐらいだったのですね。もっと取られたイメージだったけど…。

さて、この中でFA獲得成功と言わしめるほど、ガッツリ活躍してくれた選手と言えば…

FA初年度に横浜ベイスターズに来てくれ
(ジャイアンツが落合選手を獲得し、追い出される形?で横浜へ)
1998年の38年ぶりの優勝にも貢献してくれた駒田選手ですかね

当時5番ファーストに座り
1994年から5年間連続で全試合出場
同じく1994年から6年連続ゴールデングラブ賞受賞
優勝した1998年にはベストナイン受賞

長く横浜ベイスターズのために
活躍してくれました!

まさにFA獲得選手の成功例
駒田選手にとってもあのままジャイアンツにいるよりも
活躍の場が増えてよかったんじゃないかな

他は・・・

2002年の若田部投手はケガでほとんど投げれず
2008年、09年の野口&橋本両捕手も年齢の影響からかサッパリ
(この当時は横浜ベイスターズ超暗黒時代・・・)

2010年の森本選手は1年目こそ活躍したけれど
チーム若返りの方針にのまれ、出場機会を失い2013年オフに戦力外

2011年小池選手も地元横浜復帰に沸いたけれども活躍できず

2011年同じく横浜復帰を果たした鶴岡選手は
久保選手の人的補償で阪神に取られてしまうシマツ・・・

そう考えると
2014年シーズンにガッツリ先発ローテーションとして活躍してくれた久保選手はすごい!

最多勝争いも演じてくれたし、チームの打線がよければ、最多勝も夢じゃなかったはず!・・・ていうか取れていたよね。💦

また2018年からセンターライン強化のために獲得した大和選手も、爆発的な活躍はしていないもののほぼシーズン通してショートのポジションを守り抜き、確実にベイスターズの戦力として働いてくれています。

大和!2018年横浜DeNAベイスターズ沖縄宜野湾キャンプ
あっき
あっき
移籍当初は阪神時代から続いてのスイッチヒッターでしたね!

確かに打撃には課題が残りますが、それでも勝負強い打撃でサヨナラ打も演出するなど、数字以上の貢献はしてくれているのではないでしょうか。

p.s.

ちなみに1993年から始まった数々のFA歴史の中で
1度もFAで選手を獲得したことがない球団が・・・。

それは広島カープ!

これはこれで、さすがといった球団創りですよね!
チームカラーがしっかり出てるなぁー。




ABOUT ME
あっき(ベイファン)
あっき(ベイファン)
横浜大洋→ベイ→横浜DeNAベイスターズが大好きな松坂世代!最近はCSに日本シリーズに泣きまくりです( ;∀;) あとは98年以来の優勝が観たい!色々な方と繋がりたいです。よろしくお願いします^^ 自己紹介はこちら