懐かしの横浜ベイスターズ&ホエールズ選手

ヒゲ魔神:五十嵐英樹!島田直也とのコンビで98年優勝に…

五十嵐英樹投手:横浜ベイスターズ優勝メンバー

ヒゲ魔神:五十嵐英樹!島田直也とのコンビで98年優勝に…

未来蜂1998 横浜ベイスターズ P-GOLDカード No.PG13 五十嵐英樹

横浜ベイスターズが38年ぶりに優勝した時
島田直也投手と中継ぎで大活躍した五十嵐英樹投手!
当時はマシンガン打線が表に立っていたけれども
投手陣もバッチリ揃っていましたよね

特に中継ぎでは
このひげ魔神こと五十嵐投手と
島田直也投手の安定感たるや
素晴らしかったです

島田直也さんが2015年から
投手コーチとして横浜に復帰するということで
(横浜DeNA2015コーチ陣に坪井、島田直也、有働克也が)
この五十嵐投手のことをフト思い出した今日この頃でした

スポンサーリンク

 

伝説となった三者連続三振

五十嵐英樹投手で思い出す場面と言えば
やっぱりあの広島戦の三者連続三振!

ノーアウト2,3塁と言う大ピンチ
しかも広島の金本、江藤、緒方という自慢の打撃陣を
気合の籠ったピッチングでぶった切るという
素晴らしい投球を魅せてくれました!

切れ味鋭いあのスライダー
そして三振を取った後の雄たけびは
忘れられません

 

個性豊かな雰囲気…

五十嵐英樹投手と言えば
あの独特なセットポジションも
忘れられないですよね

キャッチャーのサインをのぞき込むとき
右手を象の鼻のようにぷらーんとさせる姿
当時の横浜ベイスターズファンの野球少年だったら
一度は絶対マネしているはず 笑)

そしてひげ魔神所以たるあのヒゲ!
ご本人は威圧感を与えるために
生やしていたそうですが
そのヒゲに似合わないつぶらな瞳

ちょっとずんぐりむっくりな体系や
背中を反るって言うんですかね?
あの独特な投げ方も印象に残っています

気合の入ったピッチングや
(ただ、つぶらな瞳のせいか木塚投手とはまた違った雰囲気)
握りこぶしのガッツポーズも好きでしたねー

 

98年横浜ベイスターズの
勝ちパターンの中継ぎ陣
島田投手
五十嵐投手
阿波野投手

この中継ぎ陣が8回をピシャっと閉めると
9回には当然のごとく
大魔神佐々木投手が
マウンドにあがって来るんですよね

8回から9回にかけての
あの盛り上がりもよかったよなぁー
よしよしよーーし
8回抑えたぞ!
いけるぞーーー!って感じで
よかったなぁー

 

現在の五十嵐英樹氏は…

1998年優勝後の五十嵐投手は
翌年1999年キャンプ中に右肘の痛みをうったえ、そのまま手術
結局この手術以来
右肘は完全に回復することがなく
2001年に引退

元々負担のかかる投球フォームということで
故障がちだった五十嵐投手
年間通して1軍で投げることはできませんでした

2002年から06年までは
横浜ベイスターズの打撃投手
現在はスコアラーとして働いています

スポンサーリンク

ABOUT ME
あっき(ベイファン)
あっき(ベイファン)
横浜大洋→ベイ→横浜DeNAベイスターズが大好きな松坂世代!最近はCSに日本シリーズに泣きまくりです( ;∀;) あとは98年以来の優勝が観たい!色々な方と繋がりたいです。よろしくお願いします^^ 自己紹介はこちら