*

女性野球ファンが語るWBSC侍ジャパン代表:坂本勇人の魅力

公開日: WBSCプレミア12

女性野球ファンが語るWBSC侍ジャパン代表:坂本勇人の魅力

オーナーズリーグ22弾/OL22 062G坂本勇人GR

2015年成績
130試合 .269 12本 68打点 10盗塁
最多安打:2012年(173本)

現在開催中のプレミア12の日本代表選手の中で私のイチオシは、読売巨人軍の坂本勇人選手です。

 

黄金世代を代表するショート:坂本勇人

坂本選手は、1988年生まれの選手で、いわゆる黄金世代と呼ばれていることは、野球好きな方には説明するまでもありません。

大リーグで活躍している田中将大選手や、広島東洋カープの前田健太選手などと共に、今の日本球界を代表する選手といっても過言ではないでしょう。

 

坂本選手の魅力は…

オフィシャルBOOK ♯6 坂本勇人
坂本選手の一番の魅力は、チャンスに強く力強いバッティングと、華麗な守備だと思います。

シーズン中はジャイアンツの4番を任されることもある坂本選手は、やはりファンからの期待も大きく、チャンスの場面で坂本選手に打席が回ってくると、声援も人一倍大きくなります。

特に、「おーおーおーおーおーおーおー」から始まる坂本選手の応援歌は、盛り上がりますし、個人的にも大好きな応援歌です。

また、身軽な身体を活かした守備も、球場中を虜にします。ジャイアンツでキャプテンを任されるようになってからは、ピンチの場面でマウンド上のピッチャーに声をかける姿も印象的です。高校を卒業してからジャイアンツに入団(2006年:高校生ドラフト1位)し、生え抜きの選手として成長してきた坂本選手が後輩に声をかけている姿は感慨深いものがあります。

 

女性野球ファンも虜にする坂本勇人選手

勇人―坂本勇人写真集

また、坂本選手の魅力として、忘れてはいけないのが、女性からの人気ではないでしょうか。打席に入っている時の真剣な表情も、ヒットを打ったときにベース上で見せる笑顔も、ホームランを打った時のガッツポーズも、更には守っている時に他の選手とサイン交換をしている仕草も…。坂本選手のカッコよさは、数えきれないように思います。

テレビや雑誌に登場する時の私服姿も、オシャレで素敵です。

初戦の韓国戦ではホームランも含めて大活躍の坂本選手でしたが、これからの活躍にも期待したいと思います。

<投稿者:SORA1010さん 読売ジャイアンツ:坂本勇人選手>

関連記事

西武球場:7回ウラ風船

WBSC侍ジャパン代表:牧田和久!新たなタイプのサブマリン投法

WBSC侍ジャパン代表:牧田和久!新たなタイプのサブマリン投法 2015年成績 34試合

記事を読む

世界野球WBSCプレミア12:侍ジャパンの優勝オッズ発表!他国は?

世界野球WBSCプレミア12:ランキング1位の侍ジャパン,優勝オッズ発表!他チームは? 1

記事を読む

WBSCプレミア12:アメリカ野球代表!世界ランクは?強さ,選手は?

WBSCプレミア12:アメリカ野球代表!世界ランクは?強さ,選手は? 現在開催されている

記事を読む

世界野球WBSC初戦の先発にエース前田健太ではなく大谷翔平!

世界野球WBSC初戦の先発にエース前田健太ではなく大谷翔平! ジャパンWBSCの初戦の韓国

記事を読む

WBSCプレミア12世界野球,準々決勝:韓国VSキューバ戦,オッズは

WBSCプレミア12準々決勝:韓国VSキューバ戦,オッズは 準々決勝の一番の好取組かも知れ

記事を読む

WBSCプレミア12,韓国戦:予告先発は大谷翔平!地元札幌ドームで

WBSCプレミア12,韓国戦:予告先発は大谷翔平!地元札幌ドームで WBSC世界プレミア1

記事を読む

横浜DeNAベイ:新守護神、山崎康晃!

横浜DeNA山崎康晃,WBSCプレミア12で日本代表の抑え起用は?!

横浜DeNA山崎康晃,WBSCプレミア12で日本代表の抑え起用は?! 横浜DeNAベイスタ

記事を読む

プレミア12が日本最後の登板の可能性?!前田健太:最大の武器は

プレミア12が日本最後の登板の可能性?!前田健太:最大の武器は 私がこの大会でもっとも注目

記事を読む

日本一相手投手に球を投げさせた!いぶし銀プレイヤー:中島卓也

日本一相手投手に球を投げさせた!いぶし銀プレイヤー:中島卓也 プレミア12を控えた侍ジャパ

記事を読む

WBSCプレミア12:韓国野球代表!世界ランクは?強さ,選手は?

WBSCプレミア12:韓国野球代表!世界ランクは?強さ,選手は? 侍ジャパン日本代表が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑