横浜DeNAベイスターズ

なぜ井納を中継ぎ起用!?先発投手適性の方があると考える理由は…(横浜DeNAファンの疑問とつぶやき)

投稿日:2019年5月4日 更新日:

今日の試合は残念ながら1-5で破れてしまった横浜DeNAベイスターズ。

打線もキャプテン筒香の内野ゴロの間の1点のみに終わってしまい、いくら苦手な甲子園・阪神タイガース戦&メッセンジャー相手とは言え、GWに寂しい結果となってしまいました。

ただ、結果はともかく、個人的には井納翔一投手が6回のマウンドに上がったのにはちょっとビックリしました!
(同時にがっかりというか憤り感も・・・。)

横浜DeNAベイスターズ:中継ぎ登板・井納翔一

なぜ井納投手が6回から、しかも3点ビハインドの展開で中継ぎのマウンドに上がらなくてはいけなかったのでしょうか・・・。

スポンサーリンク



 

今シーズン開幕は先発ローテーションの1角だった!

開幕ローテの3番手として抜擢される!

今シーズン井納投手はローテーションの1人として開幕を迎えました。

横浜DeNAベイスターズ開幕時の先発ローテーションはこちら。

今永ー京山ー井納ー上茶谷ー濱口ー大貫。

井納投手は表のローテ。3番手です。

 

登板3試合目までは素晴らしいピッチングを見せる

先発として開幕した井納投手は登板3戦目までは安定したピッチングを見せてくれていました。

1戦目:3/31 対中日 5回 被安打3 1失点(88球)
2戦目:4/7 対巨人 5回 被安打5 1失点(84球)
3戦目:4/14 対広島 6回  被安打2 2失点(自責1) 勝ち投手(83球)

先発好投&ヒーローの井納投手:2016CS広島戦

イニング数は少ないながらも、どの試合もしっかりとゲームを作ってくれていますよね。

試合を壊していないですし、少なくとも及第点は果たしているのではないでしょうか。

 

手術明けのため、球数は少なめに

ただ、1つ気がかりなことが。

それは井納投手は昨年10/1に右肘のクリーニング手術を受けており、その影響を懸念して、今シーズンは球数を少なく早いイニングで投手交代をするように起用しております。

 

ここ2試合は調子を落としていた

また、登板3試合目まではいいピッチングをしていた井納投手ですが、続く2試合は粘ることができずに負け投手になっております。

4戦目:4/20 対広島 4回 被安打8 5失点(自責3) 負け投手
5戦目:4/27 対巨人 3.2回 被安打6 7失点 負け投手

これを懸念したラミレス監督が、今回中継ぎでの登板に回したのかもしれませんね・・・。

 

バリオス投手のデキが良く先発に回したかったとのコメントも

バリオス投手のデキが良く先発投手として使いたかったというのも、井納投手を中継ぎに回した理由の1つになっております。

元々は井納投手が先発予定のところにバリオス投手が入っていますものね・・・。

そして、確かにバリオス投手は負け投手になってしまったものの、いいピッチングを見せてくれました!

横浜DeNAベイスターズ:バリオス・助っ人外国人

5回途中まで1失点と粘りのピッチング。

ソト選手のエラーなどが無ければ、そしてベイスターズが先取点を奪っていれば、もうちょっとイニングを投げることができたようにも思えました。

阪神打線は沈むツーシーム?に苦戦しているようで、よく引っ掛けてゴロを打ってましたものね。

 

バリオス投手はオープナー的な役割だった!?

もちろんオープナーとは違うと思いますが・・・、

井納投手を負け試合の中継ぎとして2回を投げさせたことを考えると、もしかしたら・・・、

バリオスー井納(第2の先発みたいな感じ)

という投手リレーをラミレス監督は考えていたのかもしれませんね。

それか勝ち試合や接戦のゲームではない気楽な場面でマウンドにあげたかったか・・・。

 

やっぱり井納投手は先発で生きるピッチャーだと思う理由!

元々はイニングイーター!

今年は球数制限をしているのかあまり回を投げることができていませんが、元々井納投手は先発完投型の投手。

井納・筒香・石川:本日のヒーロー

プロ入りこれまで10完投・2完封をしています。

今でこそ今永、濱口投手などが完投・完封できるようになってきましたが、それまでは早めに投手交代をしがちなラミレス監督の采配において、井納投手が良く長い回を放っていた印象すらあります。

今永、濱口が出て来る前はどすこい(山口俊)投手とともに、

今季3度目の完封勝利を決めた山口俊投手

先発完投型投手としてがんばってくれてました・・・。

山口俊のスタミナはすごかったなぁ・・・。

 

去年中継ぎ(7回の男)で失敗してる

・井納投手は素晴らしい球を投げるのに、集中力が続かないのか不用意なボールを投げることがあるから、短いイニングで集中させたほうがいい。

・早い直球と落差の大きいフォークがあるから、セットアッパーに向いている。

などの理由から2018年は中継ぎ・7回の男としてスタートした井納投手。

井納翔一:7回中継ぎ!横浜DeNAベイスターズ

・・・ただ、シーズン序盤は良かったものの、徐々に打たれ出し、結局先発へ戻されるということがありました。

しかも、先発に戻ると一気に4勝をあげ、見事な活躍っぷり!

なぜ去年失敗しているのに、また中継ぎ登板させるのだろう・・・。

今回2イニング・52球を投げた井納投手。

次回登板はどのような起用になるのかも楽しみです!

スポンサーリンク



-横浜DeNAベイスターズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊藤拓郎投手:横須賀スタジアムのマウンドで

横浜DeNAベイスターズ藤江,伊藤,小林太ら12人に戦力外通告(2014)

Contents1 横浜DeNAベイスターズ藤江、伊藤、小林太ら12人に戦力外通告(2014)2 藤江選手の活躍を考えると突然の戦力外でびっくり・・・3 かつて甲子園を沸かせた伊藤拓郎選手も戦力外・・ …

先発予定だった新外国人助っ人:ビロウ投手

横浜DeNA新外国人助っ人ビロウ,初登板結果は…2016契約は…

横浜DeNA新外国人助っ人ビロウ,初登板の結果は…2016契約は… 横浜DeNAベイスターズの新外国人:ビロウ投手が ようやく今季初登板となりましたが… 1回1/3を5失点でKO… この9月も中盤 残 …

最終回のマウンドに:国吉投手

転向成功した山口俊を先発,加賀&国吉をリリーフ陣で!開幕から

昨年先発転向で大成功した山口俊を序盤から活躍させられる! 昨年は開幕スタートダッシュに見事なまでに失敗し 4月26日には”最大借金13″にまで膨れ上がってしまった 2014年の …

横浜DeNAベイ藤井秀悟投手、トライアウトで好投!ブログでは…

横浜DeNAベイ藤井秀悟投手、トライアウトで好投!ブログでは… 元横浜DeNAベイスターズで 今2014オフに戦力外通告を受けていた藤井秀悟投手が 2回目のトライアウトで好投したとのニュース記事が出ま …

横浜大洋ホエールズ:斎藤明夫&遠藤一彦両エース

弱小だった横浜大洋ホエールズより遥かに弱い横浜DeNAベイスターズ

弱小だった横浜大洋ホエールズより遥かに弱い横浜DeNAベイスターズ 私は横浜生まれの横浜育ちなもので 小さい頃から自然と横浜大洋ホエールズのファンになりました (cf:なぜ横浜DeNAベイスターズファ …

フォローやDMお気軽にお願いします^^

PVアクセスランキング にほんブログ村