*

世界野球WBSC初戦の先発にエース前田健太ではなく大谷翔平!

公開日:2015年11月7日
WBSCプレミア12

世界野球WBSC初戦の先発にエース前田健太ではなく大谷翔平!

オーナーズリーグ21弾/OL21 C 009F大谷翔平NB

ジャパンWBSCの初戦の韓国戦は、小久保監督から大谷翔平が先発ピッチャ-として大抜擢されました。
(cf:WBSCプレミア12,韓国戦:予告先発は大谷翔平!地元札幌ドームで)

今2015年シ-ズンの成績は

22試合 15勝5敗 防御率2,24
5完投3完封
最多勝,最高勝率,最優秀防御率

素晴らしいい成績です。

当然メジャ-リ-グも注目している選手だと思います。

ピッチャ-としてもそうですが、バッタ-としても注目を集める選手だと思います。
2刀流は彼だからできることだと思います。

彼の魅力はたくさんありますが、やはり最速162Kmを記録する速球ではないでしょうか。

身長も193cmと長身でそこから投げられる速球は、バッタ-から見るとものすごく早く感じるのではないでしょうか。

私も中学校までは軟式野球をやっていたので、背の高いピッチャ-から投げられる球は打ちにくく早く感じていました。
大谷翔平は規格外の選手といえるのではないでしょうか。

初戦の韓国戦は今までのことを踏まえると、とっても大事な試合です。

小久保監督は、前田健太もいる中、大谷翔平を抜擢したということは相当な信頼があってのことでしょう。

負けられない1戦に彼を指名した監督の信頼を裏切ることなく、三振の山を築くことでしょう。

 

二刀流大谷翔平:バッターとしても活躍する場面が?!

オーナーズリーグ22弾/OL22//ST/大谷翔平/日本ハム/OL22 023

バッタ-としてもホ-ムランを期待できるバッタ-です。
どこに投げても打ちそうな構えから、バットがシャ-プに出てきます。

すばらしい。彼はメンタル的にもすごい選手だなと思います。

これだけ注目され、期待もあり、プレッシャ-の中しかり活躍できる、結果を残せる選手はそうはいません。

そして彼はまだ発展途上です。これからも成長し続ける、成長できる選手です。

5年後、10年後の大谷翔平はどうなっているのか、想像しただけでも楽しくてしょうがありません。
こう考えているのは、私だけではないでしょう。

日本球界の宝ともいえる大谷翔平

メジャ-にはいかずに、日本球界を盛り上げていってほしいと思います。

関連記事

WBSCプレミア12応援に,海外スポーツブックメーカーに登録してみた!

WBSCプレミア12に向け,海外スポーツブックメーカーに登録してみた! いよいよ野球の世界

記事を読む

横浜DeNAベイ:新守護神、山崎康晃!

WBSCプレミア12:横浜DeNA山崎康晃!ツーシームと度胸を武器に

WBSCプレミア12:横浜DeNA山崎康晃!ツーシームと度胸を武器に 2015年成績 5

記事を読む

WBSCプレミア12,準決勝韓国戦:予告先発は大谷翔平!前回登板は

WBSCプレミア12,準決勝韓国戦:予告先発は大谷翔平!前回登板は WBSCプレミア12:

記事を読む

女性野球ファンが語る,侍ジャパン代表:大谷翔平の魅力

女性野球ファンが語る,侍ジャパン代表:大谷翔平の魅力 私がイチオシ選手として選ぶのは日本ハ

記事を読む

WBSCプレミア12:日本対プエルトリコ!予告先発は広島:前田健太

WBSCプレミア12:日本対プエルトリコ!予告先発は広島:前田健太 いよいよ始まる決勝ラウ

記事を読む

代役がいない,WBSC侍ジャパン代表:松田宣浩選手の魅力!

代役がいない,WBSC侍ジャパン代表:松田宣浩選手の魅力! 福岡ソフトバンクホークス:松田

記事を読む

日本一相手投手に球を投げさせた!いぶし銀プレイヤー:中島卓也

日本一相手投手に球を投げさせた!いぶし銀プレイヤー:中島卓也 プレミア12を控えた侍ジャパ

記事を読む

WBSCプレミア12世界野球:日本VSプエルトリコ戦,オッズは

WBSCプレミア12世界野球:日本VSプエルトリコ戦,オッズは いよいよ始まるプレミア12

記事を読む

ナゴヤドーム:レフト側から見るドラゴンズ応援席

WBSC侍ジャパン:中日ドラゴンズ平田良介の魅力!3つの特徴は

WBSC侍ジャパン:中日ドラゴンズ平田良介の魅力!3つの特徴は 2015年成績 129

記事を読む

西武球場:7回ウラ風船

WBSC侍ジャパン代表秋山翔吾!年間安打数記録より献身プレーに

WBSC侍ジャパン代表秋山翔吾!年間安打数記録より献身プレーに 2015年成績 143

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑